予防接種・検診・健康診断

下記のワクチン接種を受け付けております。ワクチン接種は全て予約制です。
詳細はお電話にてお問い合わせください。

Tel.072-250-7255

肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)

肺炎は日本での死因の中でも3〜5位と高い割合を占める病気です。その中でも高齢者の肺炎球菌感染による肺炎は市中肺炎で20%前後と報告されています。
国の制度として毎年、

初回接種に限り、
65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳
の方に助成金が出ることになっております。
また、堺市の制度としては
65歳以上の初回接種に限り助成金制度があります。
ただし、堺市の制度が始まって間もないため、初回を自費で行った方でも制度利用が初めての場合は助成を受けられることもありますので、まずはお問い合わせ下さい。初回接種から5年が経過すれば、以降は自費で予防接種を受けて頂くことは可能です。

インフルエンザワクチン

毎年、季節性インフルエンザに対するワクチン接種を受け付けております。10月から予約を受け付け、11月1日より予防接種を開始します。毎年、供給される本数・価格が変動致しますので、詳細はお問い合わせ下さい。かかりつけ患者様の予約を優先的に受け付けさせて頂きますため、在庫本数によっては新規の方の受付をお断りせざるを得ないことがあります。ご了承下さい。

B型肝炎ワクチン

医療従事者・医学系学生などで接種を希望される方はお電話にてお問い合わせ下さい。

※予防接種は全ての感染症を予防したり、100%感染しないことを保証するものではありません。また、初回接種の方には強いアレルギー反応が出た場合、アナフィラキシーショックによる心肺停止も起こり得るため、同意書記入や接種直後の院内での経過観察をお願いする場合があります。

帯状疱疹ワクチン(50歳以上の方が対象です。)

帯状疱疹は強い痛みを伴う病気で、一度かかったことのある方は二度とかかりたくないと仰る方も多いと思います。2020年6月に公表された「医療関係者のためのワクチンガイドライン第三版」にも記載が追加されています。帯状疱疹の予防接種としては生ワクチンと不活化ワクチンの二種類がありますが、当院では年齢によりますが約90〜98%の有効性を誇る不活化ワクチン「シングリックス」を採用しています。効果も現時点で8〜10年ほど有効であることが分かっており、やや高価ではありますが、かかったことのある方からは是非予防したいとのご要望があります。
2ヶ月の間隔をおいて2回の接種が必要です。

検診・健康診断

各種健康診断も受け付けますので、お電話にてご相談下さい。

特定健康診査

問診、身長・体重・腹囲測定、血液検査、尿検査です。
保険証及び、特定健康診査受診券を持参いただく必要があります。

堺市胃がん検診(50歳以上、偶数年齢の方)

胃カメラ検査です。鎮静(麻酔)は使用できません。
組織の採取(生検)を行なった場合は保険診療となります。

堺市胃がんリスク検査(35〜49歳)

胃がんの原因となるピロリ菌感染の有無を血液検査で検査できます。

堺市大腸がん検診(40歳以上)

検便検査です。

前立腺がん検査(50〜69歳の偶数年齢の男性市民)

前立腺がんの腫瘍マーカーPSA値を血液検査で測定します。
特定健診もしくは胃がん・大腸がん検診と併せて行う必要があります。

上記は全て公費(無料)で行えますが、保険証は必ずご持参ください。
その他、会社指定など各種健康診断もお受け致します。費用は検査項目によりますのでお電話にてご相談下さい。
通常の診療が混み合っている際にはお受けできませんので、必ず事前にご予約をお願いします。

  1. 072-250-7255
  2. インターネット予約
ページ
TOP